トップレベルのダンサーになりたい

世の中の人に憧れられるダンサーになりたい

ダンスで世界一になるために!


021805

ダンスは、古代から続けられてきたパフォーマンスの一種です。

人々は、色々な意味合いを持ちながらダンスを踊ってきました。

最初は、神々に祈りを捧げるための踊りや、死者の霊魂を鎮めるための踊りでした。

そのうちに、誰かに求婚するための踊りが生まれ、だんだんと人々にパフォーマンスするためのダンスになっていったのです。

現在、あなたが踊っているダンスを解明していくと、実は・・・という成り立ちの歴史があるかもしれませんよ。

●パフォーマンスとしてダンスを踊る人たち
ダンスを踊る人のことを、総じてダンサーといいます。

数種類ある踊りの中でも、現在、日本の若者が踊りたいと思っているダンスは、ヒップホップがほとんどだと思います。

ヒップホップダンサーというのは、現代の日本で言うと、EXILEや安室奈美恵のようなダンスを踊る人たちのことです。

ミュージックシーンを牽引する人たちですよね。

そうなれば、目指す人が多いのも納得できます。

若者はテレビを見て、ああいうふうになりたいと思って、目指すようになるのです。

彼らのダンスは、観客を楽しませるばかりか、場を盛り上げます。

ダンスがなければ物足りなく感じるほどです。

●ダンスと歌・・・厳しい世界
現在は、日本の音楽界で、歌って踊れる歌手の人気が高いこともあって、若者たちが目指しているのもダンスも歌も完璧にできる歌手です。

天使のような歌声に聴き惚れ、パワフルなダンスに感激するのです。

ただ、このふたつを極めることは本当に難しいことです。

安室奈美恵は、幼い頃から片道1時間半をかけて徒歩でアクターズスクールに通い、レッスンを続けていました。

当時、アクターズスクールは、芸能界を目指す子供たちにとって登竜門的な場所で、そこで厳しいレッスンを耐えぬいたものだけが、デビューすることができたのでした。

今でも、歌とダンスの世界でやっていきたいと思う人たちは、厳しい争いを余儀なくされています。

特にダンスは、見た目でいいか悪いかをすぐに判断されるものなので、レッスンを欠かすことはできません。

ダンススクールに通い、、日夜努力している人ばかりです。

学業に充てる時間が勿体無いと、ダンスを専門的に学べる高校に通っている人もいます。

そこでは、同じような夢を追いかける仲間と切磋琢磨しながらレッスンできるので、モチベーションを保つ意味でもよい環境のようですよ。

そういった専門の学校では、特別なダンスや歌のレッスンと平行して、普通の授業も行われるために、高校卒業と同程度の資格を取得できるので、親御さんも安心して通わせることができます。

Comments are closed.